会社設立の費用を削減

会社設立に必要な費用


トップ » 会社設立に必要な費用

会社設立の費用はたったこれだけ

会社設立するとき、まず最初に気になるのは、いったいお金がいくら必要なのかというところではないでしょうか。日本国内では、一口に会社といってもいくつかの種類があり、株式会社と合同会社がその代表です。これら会社の設立にかかる費用は大きく3つあり、公証人手数料(定款を作る際に公証人に払う手数料で、合同会社ならば不要)、定款印紙代、登録免許税(権利関係を公示するための登記に掛かる税金)にお金がかかります。 最低限に抑えると、株式会社では20万円、合同会社では6万円の費用からで会社設立が出来ます。