オフィスに適した靴は

オフィスワーカーの靴には


トップ » オフィスワーカーの靴には

オフィスで履く靴について

オフィスで履く靴の基本は、革です。色も黒や茶色が売ってはいますが、ノーマルなものとしては黒が最もいいでしょう。革は、素材が固いのですが、最近は柔らかい素材のものが売っており、そんな素材であれば足が窮屈に感じることはありません。また、最初は窮屈に感じていても、履いているうちに足に馴染んできますので、毎日履いていると、疲れなくなってくるでしょう。革靴は底の素材も硬く、歩くときに体に負担がかかりますので、なるべく底のクッションが柔らかいものを選ぶといいでしょう。女性の場合は、ヒールの高さが様々ですが、オフィスでの仕事中に疲れないよう外出をしないのであれば低いヒールのものを選ぶことが秘訣です。

スーツの革靴は2足以上必要です

ビジネスマンの服装と言えば、スーツに革靴が定番です。これだという1足を修理しながら長年使うのもよいですし、定期的に買い替えていくのもよいです。必ず自分の足に合ったものを用意することが大切ですが、オフィスワーカーの場合、1足だけでは不十分です。必ず2足以上用意しましょう。なぜなら、1足を履き続けていると、2足交代で履く場合に比べ消耗が速くなるため、金銭的に損をすることになります。また、雨天時に履いて濡れたりした場合、手入れ時間を考慮すると1足では不十分です。また、オフィスで靴がぼろぼろではあまり格好良くありませんので、常にきれいにしておくことが大切です。